FX入門者でも読める値動き?

FX入門者が最も悩むのは、今後の値動きかと思います。FXでは外貨為替の価値が上がる前に購入し、上がってから売却して手放すという、この一連の売買差額をメインの利益と考えることが多いそうです。そのため、今後の予測ができない限り、FXでは利益が出しにくいのです。


FXは2つの通貨の情報を集めよう

FXでは通貨がペアになっています。日本円とドルだと考えやすいかもしれません。円安では円の価値が低いのでアメリカから輸入しているものは高くなります。逆に円の価値が高いと、ものは安くなりますよね。このような通貨を交換して差益を出そうというものですから、2つの通貨の情報集めが必要なのです。このような情報、ニュース、世界情勢から通貨の値動きや価値の変化の予想をすることをファンダメンタル分析といいます。


初心者にもできるのはデータから分析すること

もちろん、上記のファンダメンタル分析は絶対にFXを行う上で勉強が欠かせない分野となります。ただし、過去の値動きに似た動きを外貨はするため、過去の出来事や価値の動きを参考にして、今後の価値を考える方法をテクニカル分析といいます。常に外貨は価値を少しずつ変えています。この値段の動きを秒単位、日単位などで分析を行うのだそうです。


おすすめ参考サイト

FX初心者向上委員会>・・・FX初心者の入門版サイト!FXを始めるならここから