FXトレーダー入門は、スタイルを決めてから

FXでは口座をインターネット経由で比較的簡単に作ることができることや証拠金が最初に多くなくてもトレードを開始できるということから、入門者にもそこまで敷居が高く感じられないなどの理由から、副業にしたいと開始する人が多くなっているそうです。


FXトレードの期間を決めよう

FXでは、トレード期間(売買を行なう時間など)によって、レバレッジの設定や分析方法などにも違いが出てくることもあるそうです。もっとも日本で副業とするトレーダーで多いスタイルはデイトレーダーという一日のあいている時間でトレードを行い、トレードをすべて寝る前に終了させるというスタイルです。これ以上短いものですと、秒単位で売買を何度も繰り返して利益を一気に出すというスキャルピングという方法もあります。


一週間程度のトレード、年単位のトレード

もう少し長くなってくると一ヶ月に満たない程度、売買を続けるスイングトレードという方法があります。値動きというのは、少しずつ上がり下がりを繰り返しながら価値をあげ、カクンっと価値が一気に下がるという形が原則としてあるそうですが、この動きを長い感覚でとらえた売買だそうです。もっと長く、数か月や年単位でトレードを行う場合にはポジショントレードといい、スワップ金利も考えることができるそうです。