FXを始める前に知るべき事


FXは副業としても人気がある投資です。なぜこんなにも人気がある投資なのか。その理由は、いつでもどこでも取引することができる、少額でも始めることが出来る、初心者でも簡単に行うことが出来る。この三つが主な理由です。
しかし、何も知識がないのにいきなり投資を始めることは、とても危険なことです。ある程度の知識を持ってから取引した方が、はるかに有利です。
この有利というのは、利益を上げることが出来る可能性の事を言います。FXをするなら、もちろんお金を稼ぎたいですよね。このお金を稼ぐためにある程度知っておかなければならない事を紹介したいと思います。


日本人の投資

日本人は資産を銀行に預けることが一般的です。銀行は間接金融と呼ばれ、あなたが預けたお金を銀行が他の会社に融資して、その分を利息として受け取る。簡単に言うとこのような仕組みになっています。
一方、直接金融はこれと反対のシステムになります。あなたがこの会社に投資したいと思った先の証券を買って、会社が利益を上げたらその分の報酬をもらう。このような仕組みになっています。
FXなどの投資は、この直接金融に区分されます。ではなぜ日本人は、間接金融を利用することの方が多いのか。それは、元本が保証されているからです。直接金融は元本保証がされていないので、自分の資産が減ることも十分に考えられます。日本人はこうしたリスクを取ることが嫌なのです。
アメリカ人の9割は、投資によって資産運用しています。反対に日本人は1割もいないそうです。
そもそも投資に対する意識が違うのですね。


投資は社会に必要なもの

投資をギャンブルと同じイメージを持っている方いますが、これは大きな勘違いです。投資とギャンブルは大きく異なっています。ギャンブルは個人で楽しむもの、社会にとって大きな影響がありません。
一方投資は、社会にとって必要不可欠なものなのです。世界のほとんどの会社が、株式会社といった形態をとっています。株式会社の資本金は、株や証券を発行して得ています。つまり誰も株を購入してくれないと、資本金が無くなってしまいます。資本金がないとその会社は、潰れてしまいます。投資家は会社の重要なパトロンなのです。そのパトロンによって、世界の企業は成り立っています。
企業が提供するサービスや、国に支払う税金。私たちも大きな恩恵を受けています。投資家がこの世からいなくなると、こうした恩恵を受けることが出来なくなるので、投資家が増えることは国にとってもメリットがあります。
しかも日本はこの先、ますます金融資本主義と変貌していきます。政府も金融資本主義に合わせて、国内の投資を増やそうする動きをしています。その代表となるのがNISAになります。
あなたが投資に使うお金が、社会貢献になる。これを考えただけでも少し嬉しくなりませんか?


通貨取引

FXは通貨取引によって、収益を得る投資です。株式投資は企業に投資しますが、FXは国に投資するのです。
FXをする前に、まず株式投資との違いをある程度は知っていた方が良いかもしれません。もしかすると、FXをするよりも株式投資をした方がメリットになる場合があるからです。もしあなたが、本格的に投資家を目指しているならば、株式投資を選択してください。
株式投資は、企業に投資するので選択する幅が大きいです。そうすると、いろいろな株を購入して資産運用することも出来ますし、値幅が大きいのでより大きな収益を上げることが出来ます。
FXは国の通貨を取引するので、正直大きな値幅変動は見込めません。しかし、FXは少額でも大きな利益を上げることが出来ると聞いたことがある。こんな方もいるかもしれません。それはレバレッジを使っているからです。レバレッジを使えば確かに、少額でも大きな利益を上げることが出来ます。しかし。その分大きなリスクを取らなくてはなりません。短期間で稼ぐ事を目的にしている人は、それでもいいかもしれませんが、長期的に投資するつもりならば、そのリスクは絶対に取らない方が良いです。
FXはあくまで、投資の入門として行う、国際問題に興味がある。このような方が選択するべき投資です。事実、FXを行っている人は、学生や専業主婦といった方も多くいます。


FX取引会社の選択

最後に取引会社の選択基準を紹介します。FXをするためには、取引会社に口座を開かなくてはなりません。そしてその口座にお金を預けて、ようやく取引スタートです。
取引会社は今では、数多くあります。基本的にどこの会社でもそんなに大きな違いはありません。最初はいろいろな会社を試してみるのも良いと思います。
しかし、必ず信託保全の会社を選択してください。この信託保全の会社を選択しないと、その会社が倒産した時に、あなたと資本金が戻ってこないケースもあります。

FXはパソコンがなくても出来る


FXは、パソコンだけでなくスマートフォンなどのタブレット端末や携帯電話からでも取引をすることが出来ます。
入門者にありがちなのが、パソコンがないからすることが出来ないという勘違いです。
数年前にあったFXブームや特集のTV番組では、「主婦が空いている時間にパソコンでデイトレードをして月に○万円稼いだ!」という映像がよく流れました。
しかし、数年経ったことでそれも過去のモノとなりつつあります。


FXはスマートフォンなどの携帯端末でも出来る

今や、「スマホで簡単FX!」が広告のキャッチコピーになっています。
インターネットを経由できれば、どこからでも取引ができると言っても過言ではありません。
それほどまでに時代は進歩しました。
タブレットからでも出来るようになって、空いた時間に「トレーダー」になる人はどんどん増えています。
もしかしたら、あなたの周りのあの人も実は個人トレーダーかもしれません。


スマートフォンから情報チェック

スマホを利用するユーザーが増えたためか、スマホからでも見られるように情報を提供しているFX会社も増えつつあります。
取引を端末でするのは不安だけれど、情報は見たいという方にはおすすめです。
利用方法は簡単で、その会社の口座を最低額で開設するだけです。
初期投資がとても安いFXとスマホを生かして、空いた時間も有効利用することが出来ます。

FXの目標を決めて達成していこう!


何も考えずになんとなく始めてしまうのは良くないので、何か目標とか目的を決めてみてはどうでしょう?
目標や目的を決めた方がFX取引の仕方も変わってくると思いますし、自分の成長にもつながると思うんですよね。
利益をいくら出したいとか、旅行に行きたいからいくら利益を出すとかそういった目標でも、全然構いません。
何か一つ決めておいて、順番に達成していくようにすれば達成感を得られますし高めていくことも出来ますよ。


FXは勝ち目のある取引を選ぶ

取引を行う際には、自分に勝ち目のある取引を選ぶようにするといいかもしれません。
これは入門サイトなどにも書かれていますが、FXで効率よく利益を出すには取引の回数を減らすことなんだそうですよ。
あちこちに手を出してしまうと、その分損失してしまう可能性も高くなってしまうので、やみくもな取引は避けて。
金銭感覚が重要と言うのは、恐らくこういった部分なのだと思いますので、きちんと見極めて下さいね。


株よりも自由?

株は取引時間が決まっていますし、小学生でも始めることが出来るのでそちらの方が合っている人もいるかもしれません。
だけど、FXは24時間取引可能なので時間を気にしなくてもいいですし、少額から始められるのでオススメです。
また、借金しにくいようなシステムになっているから、初心者でも安心して行う事が出来ます。

FXは先物取引、先物取引ってどんなもの?


FXは先物取引という投資だということがわかっていても、普通の株式投資と何が違うのか、どうリスクヘッジ方法や利益の出し方が違うのかをいまいち、理解出来ないという入門者もいるそうです。そこで、株式とFXなどの先物取引を大きな違いをご紹介します。


FXでは売りも買いもできる、株は買うのみ

株式は、会社が所有している株ですから、私たちはまず手に入れるためには買うことしかできません。そのためまず価値が低いうちに安いものを購入、価値が上がったら売ることで利益になります。FXでは先に売るということもできますので、利益を出すチャンスは広いと考える人もいるそうです。また株式は会社がある限り、銘柄に有効期限などはないようですが、FXの場合は、通貨を保有し続けられる期間が限定される可能性もあるそうです。


将来の値段を考えて売買する

これからの価値がどうなるか、将来の値段を予想することとなります。株では購入するときに、その銘柄の購入分は現金で必要ですが、証拠金にレバレッジをかけることのできるトレード方法を使うFXでは、証拠金が少なくてもいいという特徴もあります。ただしその分だけ、先物取引はリスクも大きいと考える専門家もいるそうです。

FX入門に1000円投資で投資にチャレンジ


FXでは円安や円高など、通貨の価値を予想します。しかし24時間市場が動くということから、空いている時間ならいつでもできるという反面、取引をいつ終わらせるかということも、非常に利益を出すためには必要な判断があるということから、難しいから、少し怖いという理由で興味があってもチャレンジしないという人も一定数いるようです。


FX入門はバイナリーオプション

そこで入門編としておすすめしたいのが、10分で終わる投資、バイナリーオプションです。これは数分後の円安、円高を予想するものです。会社によってこれから開始します、というタイミングが違いますが、中には5分に一度、という会社もあるそうです。決まった時間が経ってから、価値がどうなっているか、ですが投資にかかるお金は一度に1000円と決まっています。ちゃんと正解すれば、2000円になりますし、外れたら1000円は会社のものとなります。


バイナリーオプションで円安、円高の考えを身につける

この投資の最大の特徴は、市場などで長時間のトレードを必要としないことです。また、自分の好きなときに数十分で結果までわかるので、落ち着かないといったこともありません。ここから円がどうなるか、という予測でバイナリーオプションは円高、円安を判断するため、FXの外貨為替の価値を考えるという思考回路も身に付くという意見もあるそうです。プチ投資にバイナリーオプションからFXを始めてみませんか?

FX入門者でも読める値動き?


FX入門者が最も悩むのは、今後の値動きかと思います。FXでは外貨為替の価値が上がる前に購入し、上がってから売却して手放すという、この一連の売買差額をメインの利益と考えることが多いそうです。そのため、今後の予測ができない限り、FXでは利益が出しにくいのです。


FXは2つの通貨の情報を集めよう

FXでは通貨がペアになっています。日本円とドルだと考えやすいかもしれません。円安では円の価値が低いのでアメリカから輸入しているものは高くなります。逆に円の価値が高いと、ものは安くなりますよね。このような通貨を交換して差益を出そうというものですから、2つの通貨の情報集めが必要なのです。このような情報、ニュース、世界情勢から通貨の値動きや価値の変化の予想をすることをファンダメンタル分析といいます。


初心者にもできるのはデータから分析すること

もちろん、上記のファンダメンタル分析は絶対にFXを行う上で勉強が欠かせない分野となります。ただし、過去の値動きに似た動きを外貨はするため、過去の出来事や価値の動きを参考にして、今後の価値を考える方法をテクニカル分析といいます。常に外貨は価値を少しずつ変えています。この値段の動きを秒単位、日単位などで分析を行うのだそうです。


おすすめ参考サイト

FX初心者向上委員会>・・・FX初心者の入門版サイト!FXを始めるならここから

少ない金額でFX始めてもレバレッジでどうにかなるの?


FXでは証拠金以上にレバレッジをきかせてトレードができるという仕組みから、少ない証拠金でも大丈夫といううたい文句を耳にすることがありますが、やはり自分のお金が、てこの原理で何倍にもなるというのは不安も大きいかと思います。少ない証拠金で開始するFXのポイントを考えてみましょう。


FX業者では少ない通貨も増加中

今までFXでは1万単位でしか通貨が購入できないという会社も多かったそうです。そのため証拠金が少ない場合には、レバレッジをかけて値段を上げるという考え方だったのですが、今は1000単位からでも売買ができる会社も多くなっているようですから、そんなにたくさんの証拠金ではない、という人は、口座を選ぶ段階で、通貨の単位などにも注目しましょう。


リスクをどう管理するか

入門者で証拠金が少ないという場合には、まずはリスクの管理を考えましょう。少ない証拠金で、低いレバレッジで1000単位であれば、リスクは少なく済みます。しかし利益も少しずつになるというものです。リスクで証拠金以上にマイナスがある可能性を承知して利益を重視したい、と思う場合には、利益を出したら、こまめにまずは、預けている証拠金を増やすようにしましょう。証拠金は少なくスタートしてもいいですが、途中から増額して投資を続けられます。

FXトレーダー入門は、スタイルを決めてから


FXでは口座をインターネット経由で比較的簡単に作ることができることや証拠金が最初に多くなくてもトレードを開始できるということから、入門者にもそこまで敷居が高く感じられないなどの理由から、副業にしたいと開始する人が多くなっているそうです。


FXトレードの期間を決めよう

FXでは、トレード期間(売買を行なう時間など)によって、レバレッジの設定や分析方法などにも違いが出てくることもあるそうです。もっとも日本で副業とするトレーダーで多いスタイルはデイトレーダーという一日のあいている時間でトレードを行い、トレードをすべて寝る前に終了させるというスタイルです。これ以上短いものですと、秒単位で売買を何度も繰り返して利益を一気に出すというスキャルピングという方法もあります。


一週間程度のトレード、年単位のトレード

もう少し長くなってくると一ヶ月に満たない程度、売買を続けるスイングトレードという方法があります。値動きというのは、少しずつ上がり下がりを繰り返しながら価値をあげ、カクンっと価値が一気に下がるという形が原則としてあるそうですが、この動きを長い感覚でとらえた売買だそうです。もっと長く、数か月や年単位でトレードを行う場合にはポジショントレードといい、スワップ金利も考えることができるそうです。